2022年04月15日

宝満英彦山峰入り1/6回目 竈門神社〜冷水峠 2022年4月9日(土)

2022年度より新しくスタートした宝満英彦山峰入りシリーズの1回目。

峰入り古道とは・・・七世紀、大宰府政庁が現在の都府楼跡にできた時、その鬼門に竈門神を祀り竈門山と号するようになりました。自然崇拝の山は守護神となり、やがて修験の霊場となって宝満山と称されるようになりました。一方、佐賀鍋島藩と縁が深い英彦山は日本三大修験場として栄え、その勢力圏は九州全域に及びました。山伏は山で厳しい修行をすることによって仏の子として生まれ変わり、人々を救う存在になることを目指しました。英彦山を胎蔵界、宝満山を金剛界とし、峰入りが行われ自己の解脱と人々の幸せを祷るようになりました。今回は、竈門神社〜宝満山〜大根地山〜冷水峠までの約15kmを歩きました。

USER8498.jpg

USER8520.jpg

P4090062.jpg

IMG_E5329.jpg
お疲れ様でした。
posted by sod guide club at 12:34| Comment(0) | 定例

2022年04月14日

定例 鹿児島県 開聞岳(924m) 2022年4月2日(土)

日本百名山であり、九州百名山でもある開聞岳。日本百名山の中では一番低い山になります。標高も低く知名度も高いので観光気分で簡単に登れる山だと思われているようですが、岩場や梯子もあり体力度は高めになります。山行当日も要救助者があり、ヘリコプターが出動していましたのでご注意下さい。朝5時に出発しても帰宅は夜中になるので、佐賀県からはギリギリ日帰りで行ける範囲ですが、たくさんの方にご参加頂きました。

P4020031.jpg

P4020040.jpg

P4020045.jpg

P4020048.jpg

お疲れ様でした。

posted by sod guide club at 18:25| Comment(0) | 定例

2022年04月08日

ベスト50 時雨岳・白鳥・銚子岳から不土野峠へ 2022年3月27日(日)

九州脊梁の南半分はアプローチ及び藪化等で難易度が高い山域ですが、近年道路が整備されて新しい登山道ができたので比較的登りやすくなりました。今回は、宮崎県側の時雨登山口から時雨岳(1546m)、白鳥山(1639m)、銚子岳(1489m)から不土野峠へ、超秘境ロングコースを登りました。

九州標高ベスト50シリーズは、残念ながら今回を持ちまして終了となりました。短い間でしたが、皆様のご参加ありがとうございました☆シリーズを担当していた天野リーダーお疲れ様でした!

20220327_092538.jpg

20220327_095835.jpg

DSC_0408.jpg

20220327_111915.jpg

お疲れ様でした。



posted by sod guide club at 17:11| Comment(0) | 定例